IWASAWA ARIMICHI

岩澤有徑の世界へようこそ welcome to the world famous project !

YOO JONGKOOK氏のwebsiteを制作しました。ぜひご高覧ください。 Please visit YOO JONGKOOK's website new

DONGJO YOO氏のwebsiteを制作しました。ぜひご高覧ください。 Please visit DONGJO YOO's website new

倉重光則氏のwebsiteを制作しました。ぜひご高覧ください。 倉重光則ホームページ kurashige.org new

岩澤有徑が経験した美術にまつわる面白エピソード 4. 妻が出席したハンガリーの結婚式 new

岩澤有徑が経験した美術にまつわる面白エピソード 5. 韓国との交流10年目、So into S.Korea new

 

 

Please, click on the image bellow to view next page.

 

 

 

 

 

This installation vew at ART de MEAT Nagi 2017 Nagi Museum of Contemporary Art

23rd. September 2017 NEW Instalation view

Latest news Latest news

 

 

 

岩澤有徑、iwasawa arimichi

 

Solo exhibition at Nagi MOCA, OKAYAMA 2012

 

 

The WORKS The WORKS

 

 

岩澤有徑、iwasawa arimichi

 

solo exhibition at Gallery SUZUKI, KYOTO 2013

 

 

DATA C.V. DATA C.V.

 

 

 

 

岩澤有徑、iwasawa arimichi

 

solo exhibition at Hebel_121, BASEL SWIZERLAND 2015

 

 

Art Story and Contact Art Story and Contact

 

 

 


 

岩澤有徑、iwasawa arimichi

Iwasawa Arimichi at Gallery Gen Tokyo 2011.

 

 

心に何を視つめるのか、

 

 

改めて、美術の社会的役割とは、何なのだろうと考えてみるとします。21世紀に入り、すでに、16年目、私は、世界中の人に「 あなたにとって20世紀と21世紀の違いは、何ですか?」と質問してみましたが、誰ひとり、私が期待したような明快な返答をしてくれた人はいませんでした。誰にとっても、この16年間、人々の人生は、何かに疑問を感じ、期待を持てずに、喪失感を感じながら一段一段階段を上っている途中、、、そんな風に私には、聞こえました、ただ私は、自分が美術家で良かった、と感じています。美術の世界には、それほどすごい、好景気に出会うこともなければ、それほどすごい、恐慌に巻込まれることもないのです。しかし、新しい世代の自分より若い作家が考えることは、私の世代とは違います。それぞれの世代の作家が、切磋琢磨しながら、生き残りをかけて戦っているという事には、違いありません。これまでに培った知識を最大に生かし、どうにかして、しかし何の世界にも楽しみを見いだすことができなければ、前に進むことはできません。

すべての人々の脳裏にある膨大な、ファイルには、今まで見て来たすべての記憶が納められているとしましょう。美術愛好家には、多くの美術品が、ファイルされていることと想像します。そこで、新たに、私の作品を見た人は、今までのファイルに酷似した作品は、ないか、、、瞬時に脳内のファイルを検索し始めます。時に、時間を要するときもあります。そして同時に、新しい脳内ファイルに目の前にある作品を保存し始める作業も進行します。この作業は、実は、愛好家にとって、ある種至福の時間なのです。人々が、優れた美術に対面した時に癒されるというのは、実は、こういう作業の工程が心地よいからなのです。素晴らしい作品に遭遇した時には、日本人ならわかるはずの温かい風呂に入ったときのような、幸福感に包容される瞬間を体験出来ます。それは、脳内が活性化されているということなのです。こんな作品を目指すこと、これが、現在の私にできる美術家としての役割です。しかし、わたしにとっての遭遇とは、46億年前の地球の誕生から、いま自分が生きている時間、過去の美術家の生きた時間、そして、これからの時間、想像の中で瞬間移動すること、それが私を活性化してくれる瞬間なのです。

私は、2010年に実に25年ぶりにパリを訪れ、エドワール・マネの「草上の昼食」に対面して来ました。1862年のどういう時代背景の中でどんな思いを内に秘めて制作したのか、想像する時間は、とても心地よいものでした。私の中に流れているもの、それは、皆様が持っているのと全く同じ、数字と、時間の世界なのです。これからまだ私が見たことのないどんな素晴らしいものに出会うことができるのか、楽しみは尽きません。それは、すべて、私の制作に何らかの形できっとプラスになるに違いないと信じてがんばってゆこうという励みに繋がるからなのです。あなたにとってすばらしいの美術とは、どんなものですか?

近年現代美術という分野の企画展には、必ず映像の作品が登場します。それは、かつては、16mm.や8mm.の銀塩フイルム、ベータやVHSのテープであったものが、コンピューターやDVD、ブルーレイとなり、機材も、映写機やブラウン管から、プロジェクターや薄型モニターに変わって来ました。作品の内容も、いままでのじっと動かない絵画や、彫刻にかわって光を放つ作品や人間に反応して動きだす作品に移行してきました。それは、21世紀に入って急速に発展したインターネットのスピードに起因していると私は考えています。20世紀には、まだ電話回線だったものが、ISDN、ADSL、光ファイバーと進化を遂げ、複雑な映像が、DVDと変わらない美しさで滑らかに動くようになりました。指先の反応の早さに従い、観客は、何事にも心地よいスピードを要求しているのです。入館者は、動かない彫刻の前には立ち止まらないで、自身が歩きながら観察する習慣が生まれ、動く作品は立ち止まって観察する。それが現在の、展覧会の見方のように私には感じられるのです。それでも私は、平面絵画から自分の仕事を始めましたので、今でも、何かを描く時間は、最も集中力の高まる瞬間です。そこで私が制作する絵画も、近年の世界の動向を踏まえた上で、観客に何らかの錯視と遊戯を提供することを作法としています。ある一方では、よりスピードが出ることだけを開発競争してきた自動車業界も、21世紀になり静かに走る電気自動車を提供する時代になりました。しかし、古いものの良さを見いだすということもまた別の視点から考えると大切なことでもあります。今後私は、人々にゆっくり物事を考えるということがいかに大切かという希望を内に秘めた絵画をこころに描き、映像作品と同時に制作してゆきたいと存じます。  いわさわありみち

 

 

 

What do we ponder in our hearts?

 

                        

I will give another try at questioning the social role of art. We are already in the 16th year of the 21st century. I have asked the question --“What is the difference between 20th and 21st century for you?”- to the people around the world, none of them has given me a clear answer which I had expected. In the past 16 years, all of them shared that they felt something was wrong; they could not have high expectations; they had a feeling of loss, but nevertheless they are climbing up one step at a time. That is how I would sum up the people’s responses. It made me realize that it was a fortunate thing that I was an artist. We do not have such booming days, but we neither have a terrible depression in the Art World.

The artists of younger generations think differently from the artists of my generation. All these artists are competing with each other in an effort to survive. However, if we cannot put to good use the knowledge we build up and nurture,and find joy in a variety of things, we cannot go forward. Let’s say that we have a stupendous file in our head, and all the memories of everything we have seen so far have been stored in it. I imagine the memories of many art works have been stored in the brain of an art lover. When he sees my work for the first time, he immediately starts looking in his file for a work that resembles it. Sometimes the process takes time. While searching in the file continues, the process of recording the new item goes on at the same time. As a matter of fact, this is a blissful moment for an art lover. Encountering an excellent piece of art is quite smoothing because this procedure that goes on in our head is so pleasant and delightful. When people encounter fine art work, people experience agreeable sensations like going into a warm bath, which all Japanese should understand. Bliss happens because the brain is activated at that moment. As an artist I aim to create works that can do that. That is what I can do as an artist. An encounter for me happens when I can travel instantaneously from the time when the earth was created 4.6 billion years ago to the current moment in which I am living, and from the time an artist of the past lived to the future. When Ican do that in my imagination, that activates my brain.

2010 I visited Paris for the first time in 25 years,and saw the Luncheon on the Grass of Edouard Manet.I wonderd what sort of year 1862 was for Manet as a backdrop for this painting, and what thought he had when he created this piece of art. The time for this musing was a pleasant moment for me. What flows within me is exactly the same as what is in all of you: numbers and world dictated by time. Wonderful encounters with something I have not yet seen may await me. There is an inexhaustible pleasure. All the encounters could contribute something positive to my work. Such belief encourages me to keep on trying. What does a wonderful work of art look like to you?

Of late, moving images are always included in the exhibitions organized by contemporary museums. It used to be 16mm or 8mm silver salt films, or Bata and VHS tapes. They were replaced by computer, DVD, and Blue Ray. The equipment has changed from cinema projectors and cathode-ray tubes to slide projectors and thin monitors. Displayed works, too, have changed from still pictures or statues to flashing works or moving ones in response to the movement of viewers. It is my view that all this change is ascribable to the incredible speed of internet which was developed with great speed in the 21st century. In the 20th century, what used to be telephone network evolved to ISDN, ADSL and then to optic fiber. As a result, complex moving pictures could be seen smoothly without a hitch just like looking at DVD images. Viewers now demand comfortable speed in anything just as fast as their fingers can tap the keys. Instead of stopping in front of a stationary object, viewers are used to walking about to observe,and when they encounter a moving object they stop and watch. This seems to me a typical attitude of viewers at a recent exhibitions. However, as I started my work from flat paintings, I have the highest concentration when I draw. When I work on paintings, I take account of recent trends, and make it a rule to provide some kind of optic illusion and games. There is a change in the trend, too. Take the automobile industry, for example. It has been competing to make fast cars, but now it is manufacturing quiet electric cars. It is also important to reevaluate the good points in old things. Such a viewpoint is also valuable. From now on, I hope to create works that can remind people how important it is to think about things slowly and leisurely. I would like to do so side-by-side with my work on creating moving images.  

Iwasawa Arimichi

 

 


 

岩澤有徑、iwasawa arimichi

Iwasawa Arimichi in his studio at Kyoto Japan 2015.

 

倉重光則氏のwebsiteを制作しました。ぜひご高覧ください。 倉重光則ホームページ kurashige.org new

DONGJO YOO氏の websiteを制作しました。ぜひご高覧ください。 Please visit DONGJO YOO's website new

YOO JONGKOOK氏の websiteを制作しました。ぜひご高覧ください。 YOO JONGKOOK's website new

 

 

Latest News Latest News

The WORKS The WORKS

DATA C.V. DATA C.V.

Art story & Contact Art story & Contact